ピラティスとは・・・

1900年代初頭、ドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が戦争時に負傷兵のリハビリとして考案されたエクササイズ法です。

そのため、身体に余計な負担をかける事なく誰にでもすぐに始められます。

1番の目的としては、日常生活でできあがってしまった身体の歪み・・・
例えば、いつも同じ肩にかばんを持ったり、座る時に足を組んだり、単純に右利き、左利き・・・
そういった日常生活の癖で歪みは誰でも発生しています。その「歪みを調整しながら、正しい姿勢へと導く事」それがピラティスの目的です。

主に重視するのは、身体の表面の筋肉(アウターマッスル)ではなく、体幹部であるお腹、骨盤、背骨周辺の身体の奥深くにある筋肉(インナーマッスル)に働きかけます。

それらの筋肉は、姿勢を正したり、呼吸をしたり、バランス感覚の向上、内臓を正しい位置へと保ち、ぽっこりお腹の予防、きれいなウエストラインを作りだしたりとか身体にとって大きな役割を果たしています。反対にこの部分が弱いと・・・腰痛、猫背、でっちり、内臓機能低下、ぽっこりお腹・・・などを引き起こす原因になります。

なので最近では女優、モデルに始まり、プロのダンサーやスポーツ選手がその効果を実感しトレーニングに組み込む程です。

そして、忘れてはいけないのが「身体だけのトレーニングではなく、心もトレーニングするという事」心は身体に大きく左右され、身体も心に大きく左右されます。ストレスや運動不足、病気などは心に影響を与え、心が病んでいる時は身体にも影響を与えます。「病は気から」と言いますよね?心と身体は切り離せない、切り離してはいけない関係にあるのです。でも、悲しい事に別々に独り歩きしてしまっているのが現実・・・

ピラティスでは正しい呼吸を意識し、身体の中に問いかけ、動きやポーズを1つ1つコントロールして心と身体の関係を取り戻してくれます。そして身体の効果はもちろんの事、緊張やストレスを和らげ、リフレッシュ効果、リラックス効果、集中力の向上など精神的効果も期待できます♪